売却方法

売却金貨の売却は、コインショップや金地金販売店など、買取を行なっているところで行なうことが可能です。ここでは、売却に関して気をつけたいことを解説させていただきます。

まず、地金型金貨には、金地金としての時価相当分にデザイン・加工・輸送などの費用が上乗せされて売買されます。上乗せされる分のお金をプレミアムといいますが、傷つけたり変形したりなど、保存状態が悪いとプレミアム分の価値がなくなり、金地金だけの価値しかなくなってしまいます。再販できない状態になった金貨では、プレミアム分が除かれただけ買取金額が安くなってしまったり、買取自体を拒否されてしまったりすることになりかねません。金貨は専用の入れ物があるため、それに仕舞っておくことで状態の悪化を防ぐことが大切です。

また、収集型金貨をコインショップに売却する場合には、金貨の保存状態だけでなく、在庫状況に注意が必要です。売りたい金貨があるとして、その金貨の在庫がコインショップに十分ある場合には、格安での買取になってしまったり、買取自体を断られてしまうことがあります。コレクションを目的に金貨を購入する人はあまり手放すということは考えていないかもしれませんが、この点には注意したいところです。

購入方法

金貨金貨を集めたり、金貨で儲けを出すために購入したいという場合に、どこで手に入るのかが気になっている人もいるのではないでしょうか。この点に関し、意外に思う人もいるでしょうが、コインショップ、貴金属店、百貨店、銀行など、さまざまなところで金貨が取り扱われています。実店舗に直接足を運ぶだけでなく、ネット通販で購入可能な金貨も多数あります。金貨は残念なことに本物ばかりというわけではないため、信頼のおけるところで購入することが大切です。

地金型金貨を購入する場合の魅力としては、いわゆる金の延べ棒や金塊のことをさす一定の重量の金地金を買い求める際にかかるバーチャージという売買手数料がかかりません。バーチャージが発生しないだけの重量の金地金が買うことができない状態では、地金型金貨のほうがバーチャージが発生しない分、低コストで売買することが可能です。つまり地金型金貨は少額投資をしたい人に適しているといえるでしょう。

このほか、地金型金貨を売って得たお金は譲渡所得扱いになり、税金がかかることになります。ただ、5年以上の期間にわたって持ち続けていると、税金がかかる売却益が50%にカットされるのです。このため、金貨は長いスパンでの投資に向いているものということもできます。

金貨の種類

金貨には、大きくわけて地金型金貨と収集型金貨の2種類があります。地金型金貨は投資用金貨、収集型金貨は記念金貨とよばれることもあります。名前でなんとなく各金貨がどういうものなのか想像がつくという人もいるでしょうが、まずは地金型金貨と収集型金貨とは何なのかを解説させていただきます。

地金型金貨まず、地金型金貨ですが、このタイプの金貨は素材の金の相場によって売値と買値が変動します。金の相場が下がっているときに購入し、金の相場が上がっているときに売却することにより、利益を得ることが可能です。このことが地金型金貨が投資用金貨とよばれている理由です。地金型金貨は、地金を取り扱っている会社を通じて買い求めることができます。一方、収集型金貨ですが、買値はコインショップの在庫状況によって違ってくるほか、売値は金の相場に金貨の希少性などが加味されるのが普通です。収集型は地金型とは異なり、買値と売値の差が大きいため、売買で利益を出すことには不向きであり、収集型とよばれているとおり、コレクションしたい人が買い求めるのに適している金貨です。

なお、地金型も収集型も中央銀行や政府によって発行されているものですが、地金型は発行する枚数に制限が設けられていないのに対し、収集型の大多数は制限が設けられているのが特徴です。当サイトではほかに金貨の購入方法や売却方法についても解説していますので、興味のある方はチェックしてみてください。